乾燥肌の洗顔方法は?



健康な皮膚の表面は弱酸性に保たれていますが、汗をかいたままや汚れがついた肌はアルカリ性に語っむきやすく肌荒れしやすい状態を作っています。

そうならないためにもきちんと洗顔をすることが大切になります。

しかしドライスキンの場合は外部の刺激に弱いため洗顔料や洗顔の仕方によってはそれが刺激となり、肌荒れの元へ繰りかねません。

まず大切なのは洗顔料十分に泡立てて洗うこと。そして手と顔の間に川を挟んで転がすようにして泡に汚れを付着させるつもりで洗いましょう。

指でゴシゴシしたりたとえ洗顔用であってもタオルやスポンジで擦るのはドライスキンを悪化させる元です。

そしてすすぎを十分に行い、洗顔料を肌に残さない事も大切になります。

目頭と鼻の間や髪の生え際はすすぎ残ししやすいので要注意です。

タオルで拭いても洗顔料の成分は肌に残り刺激となってしまいます

洗顔料は乾燥肌用または敏感肌用のものを選びすクラブなどの物理的に肌をこする物やフルーツ酸などの角質剥離作用のある成分が入ってるのは避けましょう。




肌にやさしいお風呂とは

お風呂はぬるめでこすらず洗いましょう。

お風呂で皮膚を清潔に保つことは肌トラブルを和らげるのにとても大切です。

ただし、熱いお風呂はおすすめできません。
お湯の温度が高いと皮膚の潤いを保つためのひじが奪われて乾燥しやすくなるだけでなく、昼が荒れている場合は温まると痒みをより強く感じるからです。

肌トラブルが気になる時にはぬるめの湯でさっと入るかシャワーで済ませましょう。

また、体を洗う時には、刺激の石鹸をよく泡立ててやわらかいタオルで洗うか手を使ってなでるようにすると負担が少なくて済みます。

シャンプーは体を洗う石鹸よりも界面活性作用が強く、その分洗浄力も強力なので髪を洗う時にはシャンプーが顔や首、背中などに流れると肌荒れを悪化させてしまうことがあります。

シャンプーやリンスは十分洗い流すことと、特に敏感な人は髪の毛を洗う前にワセリンを耳たぶや首などに塗っておくのも一つの方法になります。

ワセリンは髪を洗った後、石鹸で洗い流します。

お風呂に入った後は体をふいてからすぐに保湿効果の高い化粧品や薬を塗ると良いでしょう。



このページの先頭へ