くすみとシミと乾燥肌



皮膚の老化はシニアくすみができたり決めや張りがなくなったり乾燥したりしわやたるみクマといった症状で現れます。

シミとくすみは表皮組織の老化が原因となります。

表皮の細胞には憑依被災ぼーっと色素細胞があって、約95%が表皮細胞で残り約5%が色素細胞です。

色素細胞は神経細胞の一つですが、表皮の一番下の方に言って紫外線などに反応してメラニン色素を分泌します。


用意細胞は色素細胞からメラニン色素を渡されて紫外線から細胞の中の DNA を守っているのです。

そしてメラニン色素は約28日の周期で表皮細胞とともにはがれ落ちていきます。

そのため、一時的な日焼けなら約1ヶ月後に消えるわけです。

しかし、約28日の周期は彼とともに表皮細胞が老化して期間が長くなっていきます。

メラニン色素は変わることなく、作られます。

その結果憑依細胞のメラニン色素の濃度が高くなって肌の透明感が失われていくのです。

これがくすみの原因になります。


そして教員組織のそこでメラニン色素の濃度が高い状態が続くと皮膚組織にメラニン色素が漏れ出して色素沈着していってきます。

これが色素沈着が進んだシミの正体です。

正確には老人性色素班と言います。

メラニン色素が生まれ変わる周期は細胞の老化以外に紫外線を過剰に浴びたり肌を過度に刺激したり大きな精神的ストレスがかかる等の原因で見られることもよくあります。



このページの先頭へ