皮膚の老化と乾燥肌



老化が一番形として現れるのは何と言っても皮膚の肌です。

女性にとって特に重要なことですし、最近は男女問わず加齢による肌の老化=見た目の老化防止は関心の高い分野となっています。

結果も図書トロトロ犯して弾力性がなくなったり光出血を起こしたり、動脈硬化になり、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まっていきます。

しかし、結果を直接見ることはできないので、自分の血管が老化しているのか。年相応なのかは普段あまり意識しないと思います。

ただ表面にある皮膚や肌は一目瞭然で年齢を重ねれば重ねるほど弾力性がなくなっていきます。

例えば老人の皮膚はしわが深く入って明らかに弾力性がありませんけれども、見た目が老けている人は欠陥でも同じような老化現象が起こっているのです。


裸若いけど体の中の血管の老化が進んでいるとか。逆に、肌は老化が進んでいるけど、内臓や血管は若々しいというケースはほとんどありません。

人間の体の細胞の老化は肌を見ればある程度把握できるというわけです。

見た目魚は皮各市区したいのなら結果の細胞などの体の中から健康にならなければ効果が上がらないということもいえます。



お肌の構造

人間の皮膚は表皮と真皮の二重構造になっています。

神秘の下には皮下組織があって皮下脂肪が蓄えられていて、エネルギーを蓄えるための貯蔵庫や外部からの衝撃を吸収するためのクッションの働きをしています。

脂肪は熱を伝えにくいため体温の調整もしています。

表皮の暑さは0.1ミリほどで外部からの刺激や乾燥などからの肌を守る防御機能や体内の水分量を調節する保湿機能といった働きをします。

表皮組織の表皮細胞は、角化細胞という細胞で作られていてだんだん表面に移動していて2週間ほどで、核をなくして角質に変化します。

そしてさらに二週間である角質は外側へと移動して垢となって剥がれ落ちています。


悪質には細胞の核がありませんから。診断皮膚細胞ということになります。

この角質の暑さは、わずかな厚さです。

このように憑依組織は常に生まれ変わっていますて表皮組織が生まれて剥がれ落ちるまで約28日間~4週間ほどかかります。

真皮は肌のハリ弾力性を保って表1皮下組織を支える働きをします。

真皮細胞は、コラーゲン、ヒアルロン酸エラスチンなどの細胞の外のマトリックスを作っています。

細胞外マトリックスとは体のあちこちに存在していて、コラーゲンやヒアルロン酸も細胞外マトリックスの一種ですし、コラーゲンを主な成分とする骨も細胞外マトリックスです。そして真皮細胞の細胞周期は5~6年です。



このページの先頭へ