ヒアルロン酸とは



ヒアルロン酸は腫瘍マーカーとして臨床検査にも用いられていて、胸水でのヒアルロン酸の検出は悪性胸膜中皮腫を示唆しています。
また、早老症では、尿中ヒアルロン酸濃度が高くなり、肝硬変では血清中のヒアルロン酸濃度が上昇します。

ヒアルロン酸は健康食品として販売されていますけれども、結構選手による人手の有効性については信頼できるデータは見当たりません。
ただし内容で口腔粘膜の炎症治療や眼内注射による白内障治療の補助剤、関節内投与による骨関節炎の治療に有効性が示唆されています。


ヒアルロン酸の機能性120名の膝関節炎患者を対象とした二重盲検無作為かプラセボ比較試験においてヒアルロン酸の関節内投与の有効性が示唆されていますが、長期使用による症状信仰の遅延等については明らかではありません。
また、1,966年から2,003年までの臨床報告を用いたメタ分析からは、ヒアルロン酸の関節内注射にプラセボ注射を上回る有益性があるという明確な根拠は見出せていませんでした。
変形性膝関節症患者38名を対象とした二重も、無作為かプラセボ比較試験において、筋力トレーニングとともに、純度約97%のヒアルロン酸を一日200ミリグラム、12ヶ月間摂取させたところ、70歳以上では影響が認められず、70歳以下においては、症状の評価にスコアの5項目中1項目のみ改善が認められたという報告があります。

また、膝関節痛を有する43名を対象とした二重盲検無作為かプラセボ比較試験において、鶏冠抽出物を630ミリグラム16週間摂取させたところ、運動療法と併用した者22名においてのみ階段昇降の親膝の痛みの改善が認められたと報告されています。

ヒアルロン酸の経口摂取による間接に対する効果については現時点で人を対象にした信頼できる十分なデータが乏しくて今後詳細な検討が必要です。


その他の機能性

乾燥肌や或いは肌荒れを訴える患者30名を対象にした二重盲検無作為か比較試験においてヒアルロン酸を4週間摂取させたところ、接種2週間後で飲みたい性分に比較して試験群で肌の水分量低下が優位に抑制されました。

一方乾燥肌傾向の成人女性30人を対象とした二重盲検無作為か企画してにおいてヒアルロン酸 or 週間摂取させたところ、隠そう水分量及び皮膚の乾燥所見に影響は認められませんでした。

筆頭にこけるヒアルロン酸結構選手の保湿作用については現時点では信頼に足るデータが乏しく今後詳細な検討が必要です。



ヒアルロン酸の安全性

実験動物を用いた急性毒性試験及び変異現世試験では安全性が確認されています。

しかし、米国での症例報告において71歳女性と85歳女性がヒアルロン酸を含むサプリメント製品を約3週間摂取したところ鑑賞会を発症しましたが、サプリメントの摂取中断により回復したと報告されています。

ヒアルロン酸の経口摂取の安全性については人を対象にした十分なデータがないため注意が必要です。
害を及び非傾向で適切に使用する場合はおそらく安全と思われます。
関節内投与の副作用としてアレルギー反応が起こることがあります。



このページの先頭へ